umi0040-009-リサイズ.jpg

このエントリーをはてなブックマークに追加

3 低温処理

3 低温処理


低温処理されたもの(加工方法)  


  低温処理とは?

  サプリメントを加工処理するときに、 

  「ビタミン」や「酵素」を壊さないよう、
  
  ゆっくりじっくり低温(37度以下)で加熱処理することです。


  加工するときに熱の温度によっては、

  せっかく入れたビタミンなどの栄養素や消化・吸収をサポートしてくれる酵素が
 
  壊れてしまうことがあります。

  そのため、それらを防ぎ、

  本来の栄養素を摂り込む事が出来て、酵素の働きがちゃんと発揮できるためには、

  なんと37度以下の低い温度で加熱処理をしているのです。


 なぜ、37度?
 
    酵素は37度、ビタミンは55度を超えたところから壊れ始めるのだそうだ。

    100度になれば完全にアウト!!

    なので、人肌? 37度なんだそうです。  


  日本の牛乳でも最近は低温殺菌牛乳というのを聞いたことがあるでしょうか?

 『牛乳の殺菌処理』は一般的には、

 『130度で2秒間の殺菌』が普通なんだそうです。

  ところが、

 この加熱温度を低くして、

 ゆっくり時間をかけて殺菌処理をする牛乳も販売されているようです。

 低温殺菌牛乳は『63~65度で30分間の殺菌!』

 そこを温度を半分にしたため、殺菌に要する時間はなんと!

 2秒から1800秒と900倍に!

 どうしてそんなに手間暇かけているのかと言うと、

 牛乳本来の味や、含まれる有益な酵素を熱による破壊から守るためです。

 牛乳に含まれるカルシウムが高温熱処理されると、消化されやすい本来のカルシウムが

 不活性化して消化され難くなるといわれています。

 そこで、『低温殺菌』という製造方法で殺菌処理をして、

 牛乳本来のコクと風味、吸収されやすい自然なカルシウム・・・

 低温殺菌でコクと風味を消費者へ提供しようと差別化したんですね。

 このように、牛乳の分野で見直されている加熱処理ですが、

 サプリメントについてはどうかといいますと・・・

 日本で販売されているサプリメントの多くは、栄養素や酵素を壊さないよう、

 この"熱の温度"にまで気を配って製品を作っているところは・・・

 ほとんどない、のが現状です。

 
 高温での加熱処理によって栄養素が壊れてしまう恐れがあることを知りながら、

 どうして低温での加熱処理に切り替えないのでしょうか?

 その理由は、大量生産・低価格化で、収益を考えているのか・・・・

 日本のサプリメントは食品扱いをしているため、実際には熱処理を

 しないと販売できないという理由もあるようです。

 わたしが愛用しているサプリメントを作っている海外メーカーは、
 
 低い温度で加熱処理をして、ゆっくり時間をかけて製品を作っていますので、
 
 効率面はあまりよくないでしょう。

 したがって、日本の格安サプリメントのように、値段はそれほど安くはありません。

 でも、私が手にしたサプリメントは

  「安全で質の高い、効果の期待できる優れたサプリメント」です。

 値段は少々割高と思われるかもしれませんが、
 
 安心して愛用しています。

 医療レベルの高品質サプリメントを消費者へ提供しようと、

 この会社は設立以来

 『栄養素や酵素を壊さない作り方』

 を実践しているんです。

 すべては、効果を期待できる、質の高い優れた製品を作るため!

 言われてみれば・・・あたりまえですよね?

 でも、この会社はもっとスゴイ!

 何がスゴイっていうと、

 それぞれの栄養素の特性に合わせた『加熱処理』をしている! のです。


 それは・・・

 真っ赤な完熟トマトに含まれる"リコピン"という栄養素。

 トマトのリコピン

 一般的に熱に弱いといわれるビタミンと同じように"コールドプロセス製法"を使って、

 低温で加熱処理をするのかなと思ったら・・・違うんです!

 このリコピンに関しては、

 "高温での加熱処理"をしているそうなんです。

 「リコピンは高温の熱で壊れてしまうのでは?」

 と疑問に思うかもしれませんが、

 リコピンは一般的なビタミンとは違って熱に強く、

 逆に高温で加熱処理をしたほうが、

 栄養素"リコピン"のパワーが最大限に発揮できるのだそうです。

 単に"低い温度で加熱処理をしている"というだけでなく、

 『それぞれの栄養素の特性に合わせた加熱処理をしている!!』

 ここがスゴイんです!

 70年以上も昔からサプリメントを作り続けてきた、

 実績ある老舗サプリメントメーカーだからこそ、

 それぞれの栄養素の特性まで詳しく知り尽くしているわけです。

Track Back

Track Back URL

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

*+無料資料プレゼント+*

わたしのサイトを訪問していただいたお礼に 無料レポートをプレゼントいたします。

~心のメカニズム編~

↓↓↓↓↓↓
成功プログラム ボタン.png

ご自由にどうぞ

サイト内検索

プロフィール

管理人のDragonこと加藤です。

定年後の夢のシニアライフを目指して日夜、在宅ビジネスに奮闘している

定年間近の初老サラリーマンです。

加藤写真.JPG

無料資料請求はこちらへ>>

無料資料請求ボタン2.png
尚、資料送信は、2段階方式をとらせていただいておりますのでご了承ください。

お問合せはどうぞ

このメールアドレスへお気軽に

☆メールが届かない方へ ☆
時々迷惑メールに紛れ込んでしまう事があるようです。
ご確認頂きたく存じます。

TWITTER