2013.04から改正高年齢者雇用安定法の施行により、希望すれば全員が65歳まで働けるようになりました。


「これでひとまずは、老後は一安心だ」と思うのは、どうやら甘いらしい。

なぜならば、定年後の再雇用で激減する給与に家計が耐えられないからだ。

65歳定年の時代を迎えても、どんな職場で働くことになるのか。


定年になれば、肩書きは外れても、偉そうに上司風を吹かせば、周りから嫌われるし、与えられる仕事にも、プライドが許さず、こんな仕事をさせるのか!


あるいは、こんな仕事では、そこまでの給料はもらってないぞ!などと悪態を付けば、
居場所がなくなり、いずれは、65歳を待たずに辞めざるを得ないことに成りかねない。

もちろん、60歳を過ぎても会社に残って活躍できる人、退職後に他社で活躍できる人もいるでしょう。

シニアでも引っ張りだこ、になれたらいいでしょうが、あなたは、そんなシニアになれますか?

それではと、60歳からの「稼ぐ力」を磨くために、今からインターネットビジネスを始めました。