umi0040-009-リサイズ.jpg

このエントリーをはてなブックマークに追加

なぜこのビジネスを始めたのか 一覧 1ページ目

■ズバリ、ネットワークビジネスで起業家になる!

定年を間近に控えてこれからの余生の不安を色々考えると
生活の糧をえるためには、何がしか収入の術を自ら取得する必要がある。


サラリーマン人生をただひたすら過ごしてきた自分が
資本も無く、これといった手に職も無くなくて
これからの老後人生をどうやって生きていくべきか。

さんざん考え抜いた結果、起業しよう! と決心した。

そうだ!起業家になろう!


起業すれば、いいことがある。
定年後はお金に不自由なく暮らせる。


どんなことが叶えられるか。
夢が実現できるぞ。
自由な時間が得られる。
時間を好きなことに使うことができる。

が、この年からでも始められる起業できるビジネスがあるんだろうか?

当然、起業するにはそれなりの初期投資する資金が必要になる。

ベンチャー起業。
自分で会社を立ち上げる。
コンビニフランチャイズ。
飲食FC。
いろいろあるけれど・・・・。

起業に必要なものは?
ヒト・モノ・カネ・システム・・・。

腕も資格も無いのにコンビニを始める?

コーヒーショップやラーメン店を開く?

いずれも初期投資資金の必要なビジネスだ!

これは無謀だな。

起業する資金がない。

いまさら借金できるほどの信用もないしなぁ。

困ったなぁ・・・

■資金の必要の無い、もしくは少額資金で始められるビジネスはないだろうか?

ネット物販、アフェリエイト、情報商材販売、いずれも少額で始められそうだが
定年後、継続して取り組むことが出来る見通しがあるだろうか。

偶然ネットで探し当てたのが、ネットワークビジネスでした。
これだ!
このビジネスモデルなら、自分にも起業できそうなビジネスだ!


どうやって巡り合えたのか?
 ⇒直アップの方のHPサイトに辿り着いたんです。
  あなたが、いま、このサイトをご覧くださっているようにです。
   

  
さあ! あとは、どうやってネットワークビジネスを立ち上げるかです。

始まりは幸運にも巡り会ったアップHPサイトの資料請求からでした。


このビジネスは簡単にスタートできますが、
立ち上げ当初はいろいろと準備が大変です。


お金は自分で購入して利用する分だけの費用で済みますが
自分の時間はしっかりと投入する必要があります。


決して楽をしてビジネスは立ち上げられません。


サイドビジネスからスタートするのですから
投入する自分時間はセルフコントロールが必要です。


ネットワービジネスは自分で事業を立ち上げるのですから
自らが考え行動するしかありません。

でも、独りだけで始める訳じゃぁ、ありません。

 

私や私たちのグループがあなたが納得するまで最大限サポートいたします。

残りの人生を豊かに過ごすため、私たちのビジネスへ参加しませんか。

日本航空が全従業員の3割以上の約16,000人を2010年度にリストラを始めて、会社の再生を進めているのは記憶に新しいですね。

中高年サラリーマンは20~30代と比べ人件費が割高なため、ほとんどの企業でリストラ対象ですね。

早期退職制度を採用して、割増退職金を支給するいる企業もあるようですが・・・。

■リストラになってからの再就職の実態は?

・割増退職金をあてにして、早期退職したものの再就職できず、結局その割増退職金を取り崩して生活しているというケースもあるようです。

・再就職先の給料が手取りで10万円そこそこで、わずかな貯金を取り崩して生活するケース。
  
・苦労して再就職して、タクシー運転手をしているが、勤務時間が慣れないためか、肉体的に相当キツいという方もいらっしゃいます。

まだ、再就職できればいいほうですが、再就職できても苦難が多いようです。

■リストラされた中高年が満足な再就職を実現する条件は何か?

 ①転職先の即戦力になる
 ②得意な専門分野を持っている
 ③給与額にはこだわらない
  (再就職後の給与収入の相場はほとんどが3割以下です。)
 ④前職の役職などプライドを捨てる

その他にもあるでしょうが、いかがですか?

もし、あなたがリストラに遭遇したら、再就職を選びますか、新しいビジネスを立ち上げますか?

起業するなら、在宅ネットワークビジネスの準備を始めませんか?

2013.04から改正高年齢者雇用安定法の施行により、希望すれば全員が65歳まで働けるようになりました。


「これでひとまずは、老後は一安心だ」と思うのは、どうやら甘いらしい。

なぜならば、定年後の再雇用で激減する給与に家計が耐えられないからだ。

65歳定年の時代を迎えても、どんな職場で働くことになるのか。


定年になれば、肩書きは外れても、偉そうに上司風を吹かせば、周りから嫌われるし、与えられる仕事にも、プライドが許さず、こんな仕事をさせるのか!


あるいは、こんな仕事では、そこまでの給料はもらってないぞ!などと悪態を付けば、
居場所がなくなり、いずれは、65歳を待たずに辞めざるを得ないことに成りかねない。

もちろん、60歳を過ぎても会社に残って活躍できる人、退職後に他社で活躍できる人もいるでしょう。

シニアでも引っ張りだこ、になれたらいいでしょうが、あなたは、そんなシニアになれますか?

それではと、60歳からの「稼ぐ力」を磨くために、今からインターネットビジネスを始めました。

このページの上部へ

*+無料資料プレゼント+*

わたしのサイトを訪問していただいたお礼に 無料レポートをプレゼントいたします。

~心のメカニズム編~

↓↓↓↓↓↓
成功プログラム ボタン.png

ご自由にどうぞ

サイト内検索

プロフィール

管理人のDragonこと加藤です。

定年後の夢のシニアライフを目指して日夜、在宅ビジネスに奮闘している

定年間近の初老サラリーマンです。

加藤写真.JPG

無料資料請求はこちらへ>>

無料資料請求ボタン2.png
尚、資料送信は、2段階方式をとらせていただいておりますのでご了承ください。

お問合せはどうぞ

このメールアドレスへお気軽に

☆メールが届かない方へ ☆
時々迷惑メールに紛れ込んでしまう事があるようです。
ご確認頂きたく存じます。

TWITTER