umi0040-009-リサイズ.jpg

このエントリーをはてなブックマークに追加

ネットワークビジネスとアベノミクス効果

◆2015年4月 日本の株価が2万円台に!

幾らかアベノミクス経済効果により
景気回復がなされているかのように喧伝されています。


確かに高所得者や大企業には恩恵をもたらしてるようですが
果たして一般庶民はその恩恵を授かっているのでしょうか。

少なくとも私は普段の生活の中では まだまだ感じられないです。

◆そういえば、最近の話題

フランス人経済学者トマ・ピケティ氏の著書『21世紀の資本』が
6千円と高価にもかかわらずベストセラーとなり
ピケティ氏が来日してマスコミで話題となっていました。

そのピケティ氏が著書で述べている「格差社会」が
日本の経済活動そのものに広がっているからこそ、関心が及んだのであろう。


アベノミクス効果は富裕層には効果が現れているのかもしれないが
一向に収入が増えずに低所得層が確実に増えているのが実態ではないだろうか。


一昔前の「勝ち組と負け組」の負け組がどんどん増えているご時世だ。

◆益々、「格差社会」

格差が広がり多くの低所得層は底辺を這いつくばって
辛うじて生きているのが実情ではないだろうか。

大企業などに勤めていて、アベノミクス効果の恩恵を
受けることができるているサラリーマンは
高額、高級商品を積極的に買い求める消費活動などは
限られたマーケットのみ潤うのみだろう。


しかし、そのアベノミクスは「経済成長が格差を是正する」としている!
アベノミクスは明らかにこの立場を採っている。

その考え方の最たるものが 「※トリクルダウン理論」 というそうだ。

 ※トリクルダウンは「滴り落ちる」という意味で、
  高所得者や大企業に恩恵をもたらすような経済政策を優先的に行えば、
  その恩恵は経済全体の拡大というかたちで
  低所得者層にまで雫が滴るように行き渡るとする理論
  (wikipedia参照)


経済活動が好循環に行き渡れば大歓迎なのだが
体感できている人がどれだけいるのだろうか?

その効果を享受している方は、
恐らく、このサイトをご覧になっていなだろう。


◆すこしでも、いまの経済状態から違う状況へ

変えていかなければ、豊かな将来を目指したいと、考えているのであれば・・・・
今の仕事を続けながら、在宅サイドビジネスは始められます。

ネットワークビジネスで
収入を増やす術を身に付けてみてはいかかですか。

ネットワークビジネスは経済状況を改善することのできる
有効な手段の一つに十分成り得ます。

Track Back

Track Back URL

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

サイト内検索

プロフィール

管理人のDragonこと加藤です。

定年後の夢のシニアライフを目指して日夜、在宅ビジネスに奮闘している

定年間近の初老サラリーマンです。

加藤写真.JPG

無料資料請求はこちらへ>>

無料資料請求ボタン2.png
尚、資料送信は、2段階方式をとらせていただいておりますのでご了承ください。

お問合せはどうぞ

このメールアドレスへお気軽に

☆メールが届かない方へ ☆
時々迷惑メールに紛れ込んでしまう事があるようです。
ご確認頂きたく存じます。

TWITTER